蜻蛉と蟷螂

トンボを中心に、季節の昆虫を撮ります。

チョウ

クモガタヒョウモン(2022年5月)

OM SYSTEM OM-1+M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mmF5.0-6.3 IS 朝、沢沿いに咲くハルジオンに吸蜜に来たクモガタヒョウモン。

ガトーショコラ(2022年4月)

OM SYSTEM OM-1+M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mmF5.0-6.3 IS 早春にだけ現れるスプリング・エフェメラル、4種目はミヤマセセリ。

緑の紋様(2022年4月)

OM SYSTEM OM-1+M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mmF5.0-6.3 IS ツマキチョウは春先にだけ現れる可憐なチョウ。

小さな春(2022年4月)

OM SYSTEM OM-1+M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mmF5.0-6.3 IS コツバメは、早春にだけ現れる小さな小さなシジミチョウ。

春の女神(2022年4月)

OM SYSTEM OM-1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro ギフチョウは別名・春の女神と呼ばれています。

ギフチョウの季節(2022年3月)

OM SYSTEM OM-1+M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mmF5.0-6.3 IS 3月25日、ようやく今年もギフチョウが出現。

裏側(2022年3月)

OM SYSTEM OM-1+M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mmF5.0-6.3 IS ヒオドシチョウは鮮やかなオレンジ色が特徴的なチョウですが、裏側はこんな感じ。

目覚め(2022年3月)

OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mmF5.0-6.3 IS 今年初めて出会ったチョウはアカタテハでした。

ベニシジミ

OM-D EM-1 MarkⅡ+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro 去年の写真ですが、お気に入りの写真です。

ヒオドシチョウ(2021年3月)

ギフチョウを撮りに行くと、陽だまりで縄張りを張っているヒオドシチョウによく出会います。鮮やかなオレンジが目を引くかっこいいチョウですね。

カタクリとギフチョウ (2021年3月)

3月の中旬から下旬にかけての、ギフチョウ撮影の記事です。 カメラを始めて最初に撮った昆虫がギフチョウで、去年はカメラを買ったばかりでろくに撮影できなかったのでそのリベンジです。