蜻蛉と蟷螂

トンボを中心に、季節の昆虫を撮ります。

OM SYSTEM OM-1

秋に馴染む(2022年10月)

OM SYSTEM OM-1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO 日本の秋の風景にすっかり馴染んでしまった帰化植物、セイタカアワダチソウ。

幻の…(2022年6月)

OM SYSTEM OM-1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO 初夏の雨の夜、山奥の林道に見事なマダラ模様のヘビが姿を現しました。

手すりの上(2022年10月)

OM SYSTEM OM-1+M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mmF5.0-6.3 IS 秋も深まり、朝晩が冷え込むようになると、建物の壁や手すりの上などで、暖をとるカマキリたちの姿が見られるようになります。

夏茜(2022年10月)

OM SYSTEM OM-1+M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mmF5.0-6.3 IS アキアカネ同様、赤トンボの代表格ナツアカネ。

秋茜(2022年10月)

OM SYSTEM OM-1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro 赤トンボの代表格、アキアカネ。

小さくても…(2022年8月)

OM SYSTEM OM-1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro 照葉樹林の林床に棲む日本最小のカマキリ、ヒナカマキリ。

湿原の妖精(2022年9月)

OM SYSTEM OM-1+M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mmF5.0-6.3 IS 9月も中旬を過ぎ、今年も赤トンボたちのシーズンが始まりました。

涼風(2022年9月)

OM SYSTEM OM-1+M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mmF5.0-6.3 IS 涼しげな水色の配色が美しいオオルリボシヤンマ。

波打ち際(2022年9月)

OM SYSTEM OM-1+M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mmF5.0-6.3 IS 波打ち際を飛ぶメガネサナエ。

秋風(2022年9月)

OM SYSTEM OM-1+M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mmF5.0-6.3 IS ひと足先に秋の気配が漂い始めた高原の湿地に、姿を見せるルリボシヤンマ。

Flying Emerald(2022年9月)

OM SYSTEM OM-1+M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mmF5.0-6.3 IS 金緑色が美しいエゾトンボの仲間、タカネトンボ。

優美(2022年8月)

OM SYSTEM OM-1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro 清流の上流域にて、トンボ観察を始めてからずっと憧れていたトンボにやっと出会うことができました。

夏の紫(2022年7月)

OM SYSTEM OM-1+M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mmF5.0-6.3 IS 青紫の翅が美しいチョウトンボ。

日差しに負けず(2022年7月)

OM SYSTEM OM-1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO 強烈な真夏の日差しの下、オベリスク姿勢で縄張りを見張るオナガサナエ。

日差しを避けて(2022年7月)

OM SYSTEM OM-1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO 真夏の強い日差しを避けて、木陰で休むヤブヤンマ。

輝く翅(2022年6月)

OM SYSTEM OM-1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro 光を受けると青白く輝く翅をもつリュウキュウハグロトンボのオス。

夏の亡霊(2022年8月)

OM SYSTEM OM-1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO 黄昏時の薄暗い川面を飛ぶコシボソヤンマ。

赤と黒(2022年6月)

OM SYSTEM OM-1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro 森の中の薄暗い水辺に棲むアマミトゲオトンボ。

水の精霊(2022年6月)

OM SYSTEM OM-1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro 奄美の小さな水辺に棲むアマミルリモントンボ。

琥珀の翅(2022年6月)

OM SYSTEM OM-1+M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mmF5.0-6.3 IS 春から晩夏まで、清流で活動を続けるミヤマカワトンボ。

初夏の残滓(2022年7月)

OM SYSTEM OM-1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro 7月の頭、異常な暑さでぬるま湯になってしまった清流でキイロサナエに出会いました。

翡翠の翅(2022年6月)

OM SYSTEM OM-1+M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mmF5.0-6.3 IS 青から緑へのグラデーションが美しいアオハダトンボ。

セスジアカガネオサムシ

OM SYSTEM OM-1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro 北海道の湿地に棲む赤銅色の美しいオサムシ。

歩く宝石

OM SYSTEM OM-1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro 歩く宝石と呼ばれることもある、北海道のオオルリオサムシ。

初夏の色(2022年6月)

OM SYSTEM OM-1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro 春に羽化して春〜初夏にかけて湿地に姿を見せるサラサヤンマ。

虎の王(2022年5月)

OM SYSTEM OM-1+M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mmF5.0-6.3 IS 開放水面上を悠々と飛翔するオオトラフトンボ。

夕暮れの池(2022年5月)

OM SYSTEM OM-1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO 夕暮れの池に産卵にやってきたトラフトンボのメス。

モイワサナエ(5月)

OM SYSTEM OM-1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro 細身で繊細な雰囲気のモイワサナエ。

唐金色(2022年5月)

OM SYSTEM OM-1+M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mmF5.0-6.3 IS 唐金色の体躯と、エメラルドグリーンの複眼が美しいカラカネトンボが、夕暮れ時の池ほとりに姿を見せました。

独特(2022年5月)

OM SYSTEM OM-1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro 太めの体型が特徴的なホンサナエ。